【もとおのクワガタ写真館】Dorcus編

他の種類の記事はトップからどうぞ

1.オオクワガタ系

オオクワガタ

Dorcus hopei binodulosus Waterhouse, 1874

f:id:P_bison:20211126143829j:plain

大歯♂ 北海道檜山郡厚沢部町産 WF2

飼育レコード:92.7mm (2020)

野外レコード:76.6mm

分布:北海道南西部~九州、佐渡島?、対馬、中国遼寧省朝鮮半島

コメント:わざわざ自分で飼う必要ないなぁと思いながらも、傍らにはいてほしいという不思議な魅力のある虫。

 

クルビデンスオオクワガタ(ssp.babai)

Dorcus curvidens babai Fujita, 2010

f:id:P_bison:20211126145028j:plain

♂ ベトナム ダラット産 CBF1

飼育レコード:81.0mm (2014)

野外レコード:75.4mm

分布ベトナム南部、マレーシア?

コメント:ババクルビデンスとも。大型化しても内歯が必ず基部につく異色のオオクワガタ。独立種とする見方もある。♀はhopei系統のものと比較して上翅のスジが非常に明瞭になる点などから判別できる。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211126151610j:plain

トップと同一個体

f:id:P_bison:20211126151659j:plain

 

ムシモンオオクワガタ

Dorcus musimon Gene, 1836

f:id:P_bison:20211126152105j:plain

♂ イタリア サルディーニャ島産 CBF1

飼育レコード:36.2mm (2009)

野外レコード:24.3mm

分布コルシカ島(フランス)、サルディーニャ島(イタリア)、アフリカ北部

コメント:可愛いし長寿。飼育は簡単なはずだが安定して増えてくれない。

 

パラレリピペドゥスオオクワガタ

Dorcus parallelipipedus (Linnaeus, 1758)

f:id:P_bison:20211126152936j:plain

小型♂ ウクライナ ドネツク Liman forest産 WD

飼育レコード:37.5mm (2021)

野外レコード:30.0mm

分布:ヨーロッパ~小アジア、アフリカ北部

コメント:Dorcus属基準種。ムシモンと比較しざらつきが強い。

 

シェンクリングオオクワガタ

Dorcus schenklingi (Mollenkamp, 1913)

f:id:P_bison:20211126154215j:plain

♂ 台湾 合望山産 CB

飼育レコード:89.9mm (2013)

野外レコード:84.0mm

分布:台湾

コメント:非常に好み。でかいコクワと言う輩をぶん殴ってやりたい。

 

2.アカアシクワガタ系

アカアシクワガタ(原名亜種)

Dorcus rubrofemoratus rubrofemoratus (Vollenhoven,1865)

f:id:P_bison:20211126154728j:plain

♂ 岩手県二戸市浄法寺産 WD

飼育レコード:61.7mm (2017)

野外レコード:58.5mm

分布:北海道~九州、対馬隠岐

コメント:国産種の中で一、二を争う美麗種だと思う。

 

ネパールコクワガタ

Dorcus nepalensis (Hope, 1831)

f:id:P_bison:20211126153804j:plain

♂ ネパール ランターン産 WF2

飼育レコード:78.4mm (2016)

野外レコード:80.0mm

分布:ネパール、インド北東部、チベット自治区

コメント:通称ネパレンシス。バランスの整った体形に加え、強い光沢は思わず息をのむ格好よさ。

 

チュウゴクコクワガタ(原名亜種)

Dorcus sinensis sinensis (Boileau, 1899)

f:id:P_bison:20211126161202j:plain

♂ 中国 維西リス族自治区産 WD

飼育レコード:登録なし

野外レコード:?

分布:中国雲南省北部

コメント:光沢が強く、丸っこくてかわいらしい。

 

3.コクワガタ

コクワガタ

Dorcus rectus rectus (Motschulsky, 1857)

f:id:P_bison:20211126155704j:plain

大歯♂45mm 岩手県盛岡市産 WD

飼育レコード:58.1mm (2016)

野外レコード:54.4mm

分布:北海道~九州および周辺離島、ロシア南東部、中国遼寧省朝鮮半島、台湾

コメント:国産種の中で一番カッコいいと思う。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211126155822j:plain

♂42mm 島根県隠岐の島町産 WD

 

トカラコクワガタ

Dorcus rectus kobayashii Tsuchiya et Ichikawa,1985

f:id:P_bison:20211126160534j:plain

♂ トカラ列島中之島産 CB

飼育レコード:53.6mm (2005)

野外レコード:50.7mm

分布トカラ列島

コメント:赤み・光沢が強く気品がある。

 

ヤクシマコクワガタ

Dorcus rectus yakushimaensis Tsuchiya,2003

f:id:P_bison:20211126160114j:plain

♂45mm 屋久島産 WD

飼育レコード:54.2mm (2014)

野外レコード:53.6mm

分布大隅諸島甑列島

コメント:本土のコクワよりも赤みが強い。体は艶消し状。思い出の一種。

 

スジクワガタ

Dorcus striatipennis striatipennis (Moschulsky, 1861)

f:id:P_bison:20211126161618j:plain

♂35mm 岩手県盛岡市産 WD

飼育レコード:39.2mm (2013)

野外レコード:40.0mm

分布:北海道~九州および一部周辺離島

コメント:独特の内歯がなかなかかっこいい。30ミリ超えてくるとガタイがよくなる印象。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211126161944j:plain

♂ 岩手県盛岡市産 WD

 

4.ヒラタクワガタ

パプアヒラタクワガタ

Dorcus arfakianus (Lansberge, 1880)

f:id:P_bison:20211126163132j:plain

短歯♂49mm アルファック産 WD

飼育レコード:60.3mm (2003)

野外レコード:59.4mm

分布ニューギニア島

コメント:横幅があるため、体長の割に迫力が出ている。頭部後方のしわの寄った部分が好き。とてもよく増える。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211126164038j:plain

トップと同一個体

 

デタニヒラタクワガタ

Dorcus detanii Mizunuma, 1994

f:id:P_bison:20211126164603j:plain

♂50mm 西タリアブ産 WD

飼育レコード:57.0mm (2010)

野外レコード:54.0mm

分布:タリアブ島

コメント:非常にえっちな赤みをしていると存じ候。

f:id:P_bison:20211126164738j:plain

トップと同一個体

f:id:P_bison:20211126165126j:plain

 

ユーリケファルスヒラタクワガタ

Dorcus eurycephalus Burmeister, 1847

f:id:P_bison:20211126165458j:plain

中歯♂ 西ジャワ Mt.Halimun産 WD

飼育レコード:75.9mm (2013)

野外レコード:78.6mm

分布:ジャワ島

コメント:アルキデスよりも光沢が強く、歯型も異なる。メスも丸っこい。好きな種類だが、クソムシの類だと思う。

 

インターメディウスヒラタクワガタ(原名亜種)

Dorcus intermedius intermedius (Gestro, 1881)

f:id:P_bison:20211126170503j:plain

♂ アルファック産 WD

飼育レコード:59.6mm (2008)

野外レコード:55.8mm

分布ニューギニア島、ビアク島、ヌンホル島、カルス島、ニューブリテン島、ニューアイルランド島

コメント:♀が即死した。

 

ギリアンヒラタクワガタ

Dorcus ghilianii (gestro, 1881)

f:id:P_bison:20211126170715j:plain

小型♂ ケイ島産 WD

飼育レコード:58.1mm (2011)

野外レコード:56.3mm

分布:ケイ島、ダマル島?、ブル島?

コメント:特異な雰囲気の大あごを持つ。でかいのがみたい。

 

ペマコヒラタクワガタ

Dorcus pemakoi Huang, Okuda, Maeda & Chen, 2017

f:id:P_bison:20211126171036j:plain

♂ チベット自治区 メトク県産 WD

飼育レコード:登録なし

野外レコード:?

分布:インド北東部、チベット自治区南東部

コメント:♀が即イキし発狂した。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211126171225j:plain

 

タウルスヒラタクワガタ(原名亜種)

Dorcus taurus taurus (Fabricius, 1801)

f:id:P_bison:20211129221012j:plain

長歯♂ スマトラ産? WD

飼育レコード:63.7mm (2003)

野外レコード:64.0mm

分布ミャンマー南部、マレー半島スマトラ島および周辺離島

コメント:ジャワタウルス頼んだら来たやつ。ラベル取り違いは真に悪。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211129221315j:plain

トップと同一個体

 

タウルスヒラタクワガタssp.subtaurus)

Dorcus taurus subtaurus (Maes, 1992)

f:id:P_bison:20211129221525j:plain

中歯♂ カリマンタン Mt. Bakayan産 WF1

飼育レコード:71.0mm (2020)

野外レコード:65.3mm

分布ボルネオ島

コメント:長歯がばりカッコいいので見たい。

 

テルナテヒラタクワガタ

Dorcus ternatensis Thomson, 1862

f:id:P_bison:20211129221744j:plain

♂ バチャン島産 WD

飼育レコード:58.8mm (2013)

野外レコード:55.4mm

分布モルッカ諸島

コメント:カッコいいのだが相性が悪く全く増えてくれない。

 

ベトナムヒラタクワガタ

Dorcus titanus fafner (Kriesche, 1920)

f:id:P_bison:20211129222412j:plain

♂ ラオス シェンクワン産 WD

飼育レコード:90.1mm (2011)

野外レコード:90.0mm

分布ベトナムラオス、タイ東部

コメントベトナムヒラタとして購入したが別亜種の可能性もある。持腹で幼虫が得られているのでどんなのが羽化するか楽しみ。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211129222434j:plain

トップと同一個体

 

ファソルトヒラタクワガタ

Dorcus titanus fasolt (Kriesche, 1920)

f:id:P_bison:20211129222633j:plain

♂ 韓国 全羅北道 全州市産 WD

飼育レコード:87.0mm (2006)

野外レコード:84.0mm

分布朝鮮半島済州島、中国遼寧省

コメント:titanusの分際で全然増えなくて頭を抱えている

ギャラリー

f:id:P_bison:20211129222901j:plain

♀ 韓国 全羅北道 全州市産 WD

 

ウンナンヒラタクワガタ

Dorcus titanus typhoniformis (Nagel, 1924)

f:id:P_bison:20211129223022j:plain

♂ 中国 貴州省 貴陽市産 WF1

飼育レコード:85.2mm (2021)

野外レコード:80.0mm

分布:中国貴州省およびその周辺

コメント:最もえっちなtitanus(個人の感想)。ギザなし個体がこれまたえっち。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211129223344j:plain

内歯消失♂ 中国 貴州省 貴陽市産 WF1

 

5.サビクワガタ系

タイワンサビクワガタ

Dorcus taiwanicus Nakane et S. Makino, 1985

f:id:P_bison:20211126170051j:plain

♂20up 台湾 台中和平區大雪山産 WF1

飼育レコード:対象外

野外レコード:?

分布:台湾

コメント:ベルティヌス系統のサビクワらしい形状。触り心地がいい。

 

写真館トップはこちら