【もとおのクワガタ写真館】シカ・フタマタクワガタ編

他の種類の記事はトップからどうぞ

 

1.シカクワガタ属

タイワンシカクワガタ

Rhaetulus crenatus crenatus Westwood, 1871

f:id:P_bison:20211215123511j:plain

♂ 台湾 桃園市 復興区産 CB

飼育レコード:60.4mm(2008)

野外レコード:63.0mm

分布:台湾

コメント:シカクワガタ原名亜種。大アゴの造形は何度見ても惚れ惚れする。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211215132948j:plain

♀ 台湾 桃園復興郷 巴陵拉拉山産 WF1

 

カワノシカクワガタ

Rhaetulus crenatus kawanoi Maes, 1996

f:id:P_bison:20211215133126j:plain

♂ 中国 広西チワン族自治区 大瑶山産 WD

飼育レコード:61.4mm(2007)

野外レコード:59.5mm

分布:中国(広西チワン族自治区中東部?以西)、ベトナム北部

コメント:丸っこくかわいらしいシカクワガタ。カワノイシカとも呼ばれる。生体を真上から俯瞰した時、大腮基部に突起が見えやすい点が特徴的。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211215133458j:plain

f:id:P_bison:20211215133513j:plain

f:id:P_bison:20211215133527j:plain

トップと同一個体

 

2.クロツヤシカクワガタ属

オーベルチュールクロツヤシカクワガタ

Pseudorhaetus oberthueri Planet, 1889

f:id:P_bison:20211215133621j:plain

♂ ベトナム ハザン産 WD

飼育レコード:60.6mm(2020)

野外レコード:62.0mm

分布

コメント:タランドゥスオオツヤに勝るとも劣らない強い光沢をもつ美麗種。渋い赤みもまた魅力。

 

チュウゴククロツヤシカクワガタ

Pseudorhaetus sinicus sinicus (Boileau, 1911)

f:id:P_bison:20211215134012j:plain

♂ 中国 広西チワン族自治区 大瑶山産 WD

飼育レコード:69.0mm(2008)

野外レコード:64.0mm

分布

コメント:チュウゴクシカもそうだが、腿節の赤みが強烈。クロツヤシカクワガタ属はニセシカクワガタと呼称されることも多く、実際属名の「Pseudorhaetus」における「Pseudo」とは「偽の」という意味なので、「ニセシカ」と呼称するのが適切といえるかもしれない。しか~~~~~し私は「偽」という響きが嫌い(なんとなく劣っている印象を受ける)なので、畏敬の念を込めあえて「クロツヤシカ」と呼んでいる。どうでもいいですね。

 

3.フタマタクワガタ属

フォルスターフタマタクワガタ(ssp. kiyotamii)

Hexarthrius forsteri kiyotamii Nagai, 2000

f:id:P_bison:20211215134730j:plain

♂ ミャンマー サガイン産 CB

飼育レコード:89.0mm(2014)

野外レコード:87.0mm

分布ミャンマー北部

コメント:大アゴが強く湾曲する人気種。ブリード、なめてかかったらコケました。反省。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211215134941j:plain

トップと同一個体

 

マンディブラリスフタマタクワガタ(ssp. sumatranus)

Hexarthrius mandibularis sumatranus Mizunuma, 1994

f:id:P_bison:20211215135050j:plain

♂ スマトラ島 ベンクール産 WD

飼育レコード:111.6mm(2006)

野外レコード:118.0mm

分布スマトラ島

コメント:言わずと知れたフタマタクワガタ最大種。ギラファノコギリと人気を二分するような印象だが、私はマンディ派。

ギャラリー

f:id:P_bison:20211215135253j:plain

トップと同一個体

 

トップ